BLOG 各種症状

口呼吸と花粉症(アレルギー)などの関係

更新日:

口呼吸と花粉症(アレルギー)などの関係

昨日、患者さんとの話のネタになったので今日のブログのネタにします。

この時期、花粉症や風邪で鼻が詰まっている方も多いと思います。

では鼻が詰まるとどうなるのでしょうか?

鼻で呼吸をしづらくなってしまいますよね。

そうすると口で呼吸をすることになると思います。

口呼吸することで、アレルギーが悪化してしまい悪循環になってしまいます。

では口で呼吸をすると、どういうデメリットがあるのでしょうか?

呼吸は本来、鼻でするものなのです。

風邪や花粉症等のアレルギーなどをきっかけに無意識のうちに口呼吸に変わってしまうことがあります。

鼻呼吸は、呼吸の際に鼻毛等の鼻の中のフィルターを経由することによって、細菌を減らすことができます。

口呼吸は、直接喉や気管に細菌が入り込んでしまうので、慢性的なアレルギー体質になりやすくなります。

この時期ですと、フィルターを通さずに花粉をダイレクトに吸い込んでいることになりますから。

風邪などの感染症にも弱くなります。

鼻呼吸は空気は鼻の粘膜を通って、水分を吸収し湿度が高い状態で気管や肺に入ります。

口呼吸は乾燥した空気が直接気管に送られるために、喉や肺を痛めやすくなり、風邪をひきやすくなります。

 

まとめ

呼吸は人間が生きていく上で非常に大切です。

呼吸を安定させることで、健康な生活を送りましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-BLOG, 各種症状

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.