足への施術

足は身体の土台です。

その土台である足に問題があれば、上部にある膝や骨盤、腰、背骨、首はどうなるのでしょうか?

当然、問題が起きてきますよね。

実際、足はとても複雑な構造をしているのですが、意外と知られていません。

「足は人間工学上、最大の傑作であり、最高の芸術作品である」

イタリアの偉人、レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo da Vinci 1452-1519 は、足について、このような言葉を残しています。

レオナルド・ダ・ヴィンチは、万能の天才と言われていました。

絵画や彫刻などの芸術のみならず、動物や植物の研究、医学や建築などの分野でも他の領域においても多大な功績を残しました。

その中でも解剖学に強い愛着があり、実際に解剖も熱心に行っていたそうです。

その中でも、レオナルド・ダ・ヴィンチが人体の最高傑作と言ったのは、「足」なのです。

レオナルド・ダ・ヴィンチも「足」について知ればするほど、驚嘆していたに違いありません。

足の施術を始めたきっかけ

実は「足への施術」、足の研究を始めたのは、単に趣味でした。

趣味と言っても、自分の身体の不調を改善するために、足の研究を始めたのです。

足の研究も、面白半分で始まった、良い加減なものでした(笑)

なぜ、足の研究を独学で始めたのかというと、足に関する論文や文献がとても少なかったのです。

じゃあ、「自分自身の身体で検証しながら、独自に研究するのも、面白いんじゃないかな〜」

という軽いノリでした。

単に勉強不足でしたね、今思えば。

しかし、言い訳をすると、柔道整復師の学校、臨床の現場にで始めてからも、足を診ている先生というのはいませんでした。

せいぜい、捻挫や骨折やスポーツ外傷などで、最低限のことを勉強した、という程度です。

環境とは怖いですよね、知らないことを知らないままでも平気でいられますから。

解剖学の本や足についての書籍を片っ端からamazonで注文し、読み込みました。

さらに、自分の足を観察して、研究する事になりました。

まだ患者さんの足を触ったり、調整することなど怖くてできませんでしたが、自分の足なら大丈夫です。

毎日のように、自分の足を触ったり、動かしたり、足を調整することを覚えていきました。

すると、気がついたら、O脚が治ってきていて、疲れが溜まると出ていた腰痛がなくなっていました。

これは患者さんの足を調整するしかありません。

でも患者さんにやるのは怖い・・・

患者さんへ施術するきっかけになったのが、とあるO脚の患者さんでした。

これまで、なかなか良い結果が出せずにいました。

勇気を出して、足の施術を始めたところ、これまでは考えられないような結果が出ました。

それからは、毎日毎日、患者さんの観察し、足を触り続けました。

足と全身の関連性や繋がりなどが少しずつわかるようになってきました。

そして、これまででは手も足も出ない症状の方が来ても、そこそこ対応できるようになりました。

難しい症状の方が増えると、まだまだ力不足、勉強不足を痛感することも多く、毎日反省ばかりではありますが・・・

未だ、発展途上の「足への施術」ですが、自信を持ってオススメします。

足の解剖学

 

足首は、上の図を見ていただければわかりますが、小さな骨の結合体です。

精密機械のように、それぞれの骨が、複雑で細かい動きをしています。

足首の骨

  • 7個の足根骨(踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、3個の楔状骨)
  • 5個の中足骨 
  • 14個の趾節骨
    から構成されています。

踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、内側楔状骨、中間楔状骨、外側楔状骨、中足骨、基節骨、中節骨、末節骨という骨です。

親指のみ、基節骨と末節骨の2本で構成されています。

親指には、中節骨がありません(手の親指も同じ)

余談ですが、もともと小指の関節は3つあったが、日本人の多くは、2つしか関節がないそうです。

また、この距骨という骨は、人体で唯一筋肉が付着していない骨です。

足への施術を行うためには、足根骨は当然、触診ができるようになっておく必要があります。

足首のアーチ

足首のアーチには3つの役割があります。

  1. 足を蹴り出すバネの役割
  2. 衝撃の緩衝をするクッションの役割
  3. 足の裏の筋肉や神経の保護をする役割

足首のアーチは横のアーチ(2つ)と縦のアーチがあります。

縦のアーチ

  1. 内側縦アーチ :踵骨-距骨-舟状骨-内側楔状骨-第1中足骨 いわゆる土踏まずで、歩行と密接な関連があります。
  2. 外側縦アーチ:踵骨-立方骨-第5中足骨 内側縦アーチと比べると、低く、長さも短い。 体重を支持する働きがあり、バランスと密接な関連があります

横のアーチ

  1. 横アーチ 内側楔状骨-中間楔状骨-外側楔状骨-立方骨
  2. 横アーチ 第1中足骨頭から第5中足骨頭 

ざっくりいうと、横アーチの低下が外反母趾で、縦アーチの低下が内反小趾となり、内足縦アーチがない状態が扁平足(回内足)です。

足首の筋肉

  • 距腿関節・距骨下関節 後脛骨筋、長腓骨筋
  • 内側縦アーチ 母趾外転筋、後脛骨筋、前脛骨筋、長腓骨筋、短趾屈筋、短母趾屈筋
  • 外側縦アーチ 長腓骨筋、短腓骨筋、小趾外転筋
  • 横アーチ 母趾内転筋、長腓骨筋

足首の靭帯

靭帯は、骨と骨をつなぐものです。

人間の靭帯の、およそ身体の4分の1の靭帯が足首に集中しています。

  • 外側側副靭帯が内反制動に働きます。
  • 内側側副靭帯は外反制動に働きます。
  • 底側踵舟靭帯が内側縦アーチの支持を行います。
  • 長足底靭帯が外側縦アーチの支持を行います。
  • 深横中足靭帯が横アーチの支持を行います。

足首の過剰回内(オーバープロネーション)

この距骨、踵の骨が、回内運動と言って、内側に倒れてしまうことが原因で、足首のねじれが始まります。

足首が過剰に回内してしまうことを、オーバープロネーションと言います。

足だけではなく、身体に不調を抱えている方のほとんどが、足首が過剰回内(オーバープロネーション)しています。

回内足のことを、扁平足とも言います。

本来は、足首が回内動作、回外動作をしながら歩いているのですが、回内動作のみで歩くことになります。

これが、足や身体の不調の原因です。

足首の過剰回内(オーバープロネーション)を改善することが、施術の目標です。

回外足はハイアーチのことです。

回外足の方よりも、足首が過剰回内(オーバープロネーション)している方の方が圧倒的に多いです。

浮き指は?

浮き指の方は、回内足、回外足、どちらにも起こります。

 

足首を解剖学的肢位に位置に戻す。

解剖学的肢位とは、人間本来の理想の骨格の位置です。

「解剖学的肢位」に戻せば、あらゆる痛みや不調が消失します。

足の評価、施術も解剖学的肢位から、どれだけ逸脱してしまっているのか、というのが評価の基本です。

足の施術も、解剖学的肢位に戻すというのが基本となります。

足が変わると全身が変わる

足に問題があると、こうなります。

これをわかりやすくすると、こうなります。

下半身全体のねじれ、骨盤の歪みに繋がっていきます。

逆に、足が変わるといかがでしょうか?

足がラクになるだけでなく、下半身全体のねじれ、骨盤の歪みがなくなるということです。

腰痛や骨盤の痛みも良くなり、姿勢やO脚も改善します。

下半身全体のねじれ、骨盤の歪みがなくなり、姿勢やO脚も改善すれば、肩こりや首の痛みも改善します。

足が変われば全身変わるというのは、こういうことです。

自信を持って足への施術をオススメします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

更新日:

執筆者:川崎 浩司

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.