足のトラブル

足の裏の筋が痛い「足底腱膜炎」

更新日:

足の裏の筋が痛くなるという症状を抱えた患者さんは、臨床上多く遭遇します。

なった方はわかりますが、足の裏の筋が痛いというのは、はっきり言ってツライです。

体重をかけると、足の裏に「ピリッ」「ズキッ」と痛みが出るため、日常生活に支障が出ることもあります。

ひどくなると歩くことも、ままならなくなります。

そんなストレスがたまる足の裏が痛くことを、足底腱膜炎と呼ばれます。

足底腱膜炎について出来るだけわかりやすく解説します。

足底腱膜炎とは?

足底腱膜炎とは、主に足底腱膜の踵骨付着部に変成が生じることで疼痛が起こる疾患です。

足底腱膜に過度な伸長ストレスが加わることで生じるとされています。

簡単に言うと、足底腱膜が過度に伸ばされて、要するに足の裏、特に踵の近くに痛みが出てしまう疾患です。

また、レントゲン撮影をすると、踵骨に骨棘といって、骨の変形が見られることもあります。

足底腱膜炎になってしまうと、何が問題かと言うと、非常に治りずらいと言う事。

この記事を読んでいる方でも、なかなか足の裏の筋の痛みが治らなくて困っている方も多いと思います。

なぜ、なかなか足底腱膜炎が治らないのか?

足だけ調整したり、ストレッチ、運動をしても治らないからです。

足底腱膜炎は、先ほど足底腱膜が過度に伸ばされて痛みが出ると書きました。

なぜ、足底腱膜が過度に伸ばされるのかと言うと、内側の縦アーチが潰れてしまっていることが挙げられます。

この内側の縦アーチが潰れてしまってことを扁平足(回内足)と呼びます。

内側の縦アーチが潰れてしまっている扁平足(回内足)が、一度潰れてしまうと、非常に治りにくいのです。

また扁平足(回内足)は、全身の状態が表れていることが多く、足だけ調整したり、ストレッチ、運動をしても改善しません。

足の裏の筋が痛くなりやすい方の特徴

  • 噛み合わせが悪い。
  • 偏った噛み方をしている。
  • 肋骨の可動性がない。
  • 背骨の可動性がない。
  • 股関節がうまく使えていない
  • 上半身と下半身の動きがバラバラ。
  • 腕がねじれている。

なかなか足底腱膜炎が治らないかの答え

簡単に言うと、身体がうまく使えていないために、足に負担がかかり過ぎていると言うことです。

足底腱膜炎というと、足ばかり目がいってしまいます。

足だけ見るのではなく、全身に注目しましょう。

足ばかりフォーカスしてしまうので、なかなか治らないのです。

次に、足底腱膜炎にとって非常に重要な内側の縦アーチについて解説します。

内側縦アーチとは?

内側縦アーチを構成する骨 

  • 第1趾
  • 第1中足骨
  • 内側楔状骨
  • 舟状骨
  • 踵骨

内側縦アーチを支える靭帯

  • 足底腱膜
  • スプリング靭帯(底側踵舟靭帯)
  • 長、短足底靭帯(底側踵立方靭帯

内側縦アーチに関わる靭帯

  • 長母趾屈筋
  • 後脛骨筋
  • 長趾屈筋
  • 母趾外転筋
  • 短趾屈筋

内側縦アーチの機能

フォームクロージャー機能は、関節の構造によって負荷がかかった時に安定させる機能のことです。

これは、いわゆる「フォームクロージャー」と呼ばれます。

フォースクロージャー機能は、筋肉などの動的構造体で負荷がかかった時に、安定させる機能のことです。

そして、筋肉の活動が加わることで「フォースクロージャー」機能としての安定性を行います。

一般的には「フォームクロージャー」よりもフォースクロージャー」のほうが重要視されがちです。

これを簡単にいうと、足の内側縦アーチに対して、骨や靭帯などの構造面よりも、筋肉の活動に着目することが多いということです。

実は、足の内側縦アーチ保持において、重要なのはフォースクロージャーよりもフォームクロージャーです。

もっと言うと、足の内側縦アーチ保持は足底腱膜に依存が大きいのです。

まとめ

足の裏の筋が痛くなりやすい方の特徴

  • 噛み合わせが悪い。
  • 偏った噛み方をしている。
  • 肋骨の可動性がない。
  • 背骨の可動性がない。
  • 股関節がうまく使えていない
  • 上半身と下半身の動きがバラバラ。
  • 腕がねじれている。

なかなか足底腱膜炎が治らないかの答え

簡単に言うと、身体がうまく使えていないために、足に負担がかかり過ぎていると言うことです。

足底腱膜炎というと、足ばかり目がいってしまいます。

足だけ見るのではなく、全身に注目しましょう。

足ばかりフォーカスしてしまうので、なかなか治らないのです。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-足のトラブル

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.