頭痛

頭痛が後頭部の左側ばかりに出る方の症例

投稿日:

頭痛って出ると鬱陶しいですよね。

頭痛と一口に言っても、様々な頭痛のタイプ、原因があります。

脅すわけではありませんが、命に関わるタイプの頭痛もあります。

急な頭痛が起きましたら、まずは病院で検査をすることをお勧めします。

頭の後ろ側に起きる頭痛の原因とは?

ざっくりと、3つのタイプに分けてみました。

  1. 生死に関わる
  2. 神経の痛み(後頭神経痛)
  3. 筋肉の痛み(緊張型頭痛)

です。

まずは生死に関わるタイプの頭痛から説明させていただきたいと思います。

生死に関わる頭痛

これは、細かい説明は不要かもしれませんが・・・

脳梗塞や脳内出血、クモ膜下出血、脳腫瘍などが原因で起きる頭痛です。

それほど痛みが強い頭痛ではなかったけど、脳梗塞や脳内出血、クモ膜下出血、脳腫瘍だったということもあります。

逆に、痛みがそれほど強くない状態で、検査したおかげで早期発見できたということもあります。

素人判断せず、急に頭痛が起きた場合などは、まずは病院で検査を受けてください。

神経が原因で起こる頭痛(後頭神経痛)

頭の後ろ側が痛みが出る頭痛ですが、後頭神経痛と呼ばれることもあります。

頚椎2番(C2)頚椎3番(C3)から出る後頭神経による痛みです。

首からぐるっと上に上がって、後頭部の頭皮に分布する神経です。

また、小後頭神経は耳の後ろに走行していまして、耳の後ろ側が痛くなっても、後頭神経痛と呼ばれます。

この後頭神経痛ですが、姿勢、ストレス、低気圧(雨など・・・)が誘発することが多いとされています。

前かがみで作業が多い仕事に方に多い傾向があります。

デスクワークの方、調理師さん、美容師、理容師、歯科衛生士、歯医者さんなどでしょうか。

筋肉の痛み(緊張型頭痛)

ざっくり言いますと、後頭部に付着する筋肉が緊張し、血流が悪くなり、頭痛が起きるとされています。

首の筋肉も含めて、後頭部に付着する筋肉というのはたくさんあります。

有名どころですと、後頭下筋群が有名です。

この後頭下筋群が緊張が強くなることで、肩こり、首の痛み、頭痛、めまいが起きることが多いのです。

または、意外なところですと、嚥下障害、眼球運動とも関連性が指摘されています。

頭の後ろ側に緊張型頭痛が出ている方の特徴

反り腰で、背骨のカーブが少なく、顔の位置が前に行き、アゴを突き出すような姿勢の方です。

若い女性に方に多い姿勢ですね。

アゴを突き出すような姿勢になりますから、後頭部が圧迫され、様々な問題が起きるわけですね。

後頭部の左側だけ頭痛が出る今回のケースの原因は?

姿勢を見ていただくと、先ほどあげた「頭の後ろ側に緊張型頭痛が出ている方の特徴」に当てはまります。

まさに、反り腰で、背骨のカーブが少なく、顔の位置が前に行き、アゴを突き出すような姿勢です。

姿勢を改善するには?

一言で言いますと、「姿勢を足首でコントロールする」のです。

実は、子どもは姿勢を足首でコントロールしています。

姿勢を足首でコントロールするのは、基本なのです。

姿勢を無意識のうちに、足首でコントロールしていますので、できなくなってしまうとコントロールできなくなるのです。

例えば、足首の動きなどの問題が起き、姿勢が足首でコントロールできなくなったとします。

すると、今度は足首の動きをカバーしようと、股関節でコンロールしようとするのです。

実は、腰などが痛くなるのはこのメカニズムです。

足関節の動きが悪くなると、代償的に股関節の周辺の筋肉が過剰に動きます。

足首の負担を、股関節で肩代わりするわけですね。

足首の負担を、股関節で肩代わりするということは、股関節周りの筋肉にも負担が大きくなります。

すると、股関節の可動域にも影響が出ますよね。

股関節の可動域や、運動に関する筋肉(大腰筋、大臀筋、中臀筋、梨状筋・・・など)が腰痛に影響していることは、説明不要だと思われます。

もっと言うと、股関節の可動域や骨盤や股関節の筋肉に問題を発生させているのも、足首に問題があるとも言えます。

ハイヒールなどで、足首の動きにロックをかけてしまうと、骨盤や股関節に問題が起こり、頭が前方にいくことで、バランスを取っているとも言えます。

足首の問題を解消せずに、上半身だけでなんとかしようとしても、結果が出ないには当たり前なのです。

姿勢を直すには、足首から直していくべきなのです。

特に長年ひどい猫背で悩んでいる方こそ、足首に大きな問題が起きています。

姿勢の悪さの原因の70%が足首の問題

足首は、上の図を見ていただければわかりますが、小さな骨の結合体です。

精密機械のように、実に複雑で細かい動きをしています。

骨と骨をつなぐ靭帯ですが、およそ身体の4分の1の靭帯が足首に集中しています。

足首は、そのくらい複雑で細かいのです。

表題にも書いた通り、猫背の方の足をチェックすると、足首の過回内(オーバープロネーション)がおきています。

画像参考元 http://bullion.co.jp/archives/43

足首の過剰回内という問題

足首の過回内が、姿勢の悪さとどんな関係があるのか?

と思いますよね。

上の図を見ていただければわかるのですが、足首が崩れてしまっているので、すねの骨(脛骨や腓骨)が捻れます。

すねの骨が捻れれば、膝が内旋します。

膝が内旋すれば、股関節が内旋します。

股関節が内旋すると、骨盤が前傾し、いわゆる反り腰の状態になります。

反り腰になれば、頭が前方に突出することで、姿勢のバランスを取ろうとします。

これで、猫背の完成です。

土台の足から治していかないと、すぐに姿勢が悪くなってしまうのです。

この方の足を見ると・・・

左足の方が、アーチが潰れてしまっています。

右足首にも問題があるのですが、左足首の動きに、かなり問題が起きていました。

まずは、左足首から改善していかないと、頭痛の根本解決には至らないのです。

緊張型頭痛と一口に言っても、頭や肩周りだけ見ていても、なかなか良くなりません。

全身をチェックし、原因を判断する必要があるのです。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-頭痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.