浮き指 足のトラブル

足の指や足の指の付け根が痛い(凹足・ハイアーチ・回外足)の原因と改善法とは?

投稿日:

足の指や足の指の付け根が痛い(凹足・ハイアーチ・回外足)の原因と改善法とは?

凹足・ハイアーチという名前は聞いたことがありますか?

凹足は、「おうそく」と呼びます。

凹足・ハイアーチというのは、扁平足とは逆に、下の図や写真のようにアーチが盛り上がった状態の足のことです。

臨床上は、扁平足(回内足)の方の方が多く、凹足・ハイアーチ(回外足)の方の方が少ないのです。

凹足・ハイアーチ(回外足)の方が少ないせいか、調べてみても対処法が少ないのも事実です。

この記事では、凹足・ハイアーチ・回外足の解説と原因、対処法をお伝えしていきます。

凹足・ハイアーチ・回外足とは?

具体的な症状としましては、

  • 足裏腱膜炎(足の裏が張る、痛い、疲れやすい)
  • 中足骨頭(足の指の付け根)が痛い
  • 足の指が痛い
  • スネが痛い
  • 踵が痛い
  • 足先が冷える

などです。

凹足・ハイアーチ・回外足の原因とは?

先ほどもあげましたが、凹足・ハイアーチ・回外足は、土踏まずがグッと盛り上がった状態です。

土踏まずが、グッと盛り上がっているわけですが、具体的に言うと、足首が過回外してしまっています。

足首が過回外すると、土踏まずが、グッと盛り上がり、ハイアーチになります。

逆に、足首が過回内すると、土踏まずが潰れ、扁平足の状態になります。

過回外を後ろから見ると。

過回外を前から見るとこうなっています。

本来、歩行時に回外・回内をするのですが、回内の動きがうまくできなくなっています。

歩行時に、回外・回内の動きがうまくできなくなっていることが、歩くと足の裏、足の指の付け根、足の指、踵が痛くなる原因です。

凹足・ハイアーチ・回外足の対策とは?

先ほども巻きましたが、足首が過回外すると、土踏まずが、グッと盛り上がり、ハイアーチになります。

足首の過回外を改善することが、凹足・ハイアーチ・回外足を改善するということです。

足首の過回外の対策を書く前に、なぜ足首の過回外と言うことが起きるのかを説明させてください。

なぜ足首が過回外するのか?

まず大前提として、足首が過回外するのは結果であり、原因ではありません。

全身の状態が、結果として足首が過回外するという形で現れているということです。

なぜ足首が過回外するのか?

という問題は、100人いれば100通りの原因があります。

土踏まずは、足の筋肉だけでアーチを作るべく引っ張り上げていそうですが、実際には少々違います。

首の筋肉、胸の筋肉、腕の筋肉、背中の筋肉、腰やお尻の筋肉、横隔膜、骨盤底筋群など、全身の筋肉を総動員して土踏まずを作っているイメージで捉えていただいても間違えありません。

全身の筋肉、関節の問題があり、結果として足首が過回外したり、過回内してバランスをとっているのです。

凹足・ハイアーチ・回外足の方は、足の痛みだけでなく、首の痛みや肩こり、腰痛など、あちこちに不調を抱えている方が多いです。

足首の過回外を改善するトレーニングについて

凹足・ハイアーチ・回外足を改善するエクササイズやトレーニングというのは、確かに存在します。

私も、実際にやっていました。

調べると出てくる、凹足・ハイアーチ・回外足を改善するエクササイズやトレーニングというのは足のトレーニングです。

ほとんどが、足単体のエクササイズやトレーニングです。

このトレーニングを行うことで、凹足・ハイアーチ・回外足が改善する方もいれば、変化が出ない方もいます。

トレーニングでは、コンパウンド種目とアイソレーション種目があります。

コンパウンド種目というのは、スクワット、デッドリフト、ベンチプレス のような複数の関節を動かすトレーニングです。

アイソレーション種目というのは、主にマシントレーニングなどで動かすような、ピンポイントで一つの関節だけで動かすトレーニングです。

日常生活で使う動きで、アイソレーション種目のような、ピンポイントで一つの関節だけを動かすことはありません。

日常生活で使う動きは、コンパウンド種目のように、複数の関節を動かす動作です。

先ほども書きましたが、土踏まずは、足の筋肉だけでアーチを作るべく引っ張り上げているわけではありません。

首の筋肉、胸の筋肉、腕の筋肉、背中の筋肉、腰やお尻の筋肉、横隔膜、骨盤底筋群など、全身の筋肉を総動員して土踏まずを作っているイメージで捉えていただいても間違えありません。

全身の筋肉、関節の問題があり、結果として足首が過回外したり、過回内してバランスをとっているのです。

タオルギャザーなどに代表される、足だけを動かすトレーニングは、「最初だけ少し変化が出て、すぐに変化が感じられなくなった・・・」という方が多いのは、コンパウンド種目のような、複数の関節を動かすトレーニングが足りなかったともいえます。

スクワットや、カーフレイズのような全身の使うトレーニングがオススメなのですが、いきなり始めるのは厳しいです。

この写真の方のように、凹足・ハイアーチ・回外足がキツイ方には、足の調整、全身の調整、足の指へのアプローチを行って、改善してきてからトレーニングを始めるのがオススメです。

まず取り組んでいただきたい、一人でも行える凹足・ハイアーチ・回外足を改善する対策をご紹介します。

足の指を丸めること

やって頂くことは、非常にシンプルです。

凹足・ハイアーチ・回外足が反って固まっている方がほとんどです。

手の指でいうと、足でゲンコツを作るように、丸める動きをするのです。

この状態から

自分の手で足の指を丸めます。

これだけです。

簡単な手法ですが、非常に効果的です。

効果を出すには、とにかく続けることです。

長年固まってしまっていますから、とにかく続けて指の関節の動きを作ります。

長年固まっている方は、このくらいちょっと曲げただけで、激痛を伴う方もいます。

この浮き指と言われる、沿って固まっていますと、日常生活でも足指が使えません。

いわば、浮き指の状態では改善するためのトレーニングが、効果的に行えないのです。

いわば、足の指を丸めることだけでは、凹足・ハイアーチ・回外足は改善しないのですが、凹足・ハイアーチ・回外足を改善するために、最低限度やっておいてほしいエクササイズでもあります。

ちなみに、サッカーの元日本代表FW久保竜彦選手も、足指を曲げるというエクササイズで腰痛などの不調を克服したそうです。

もし、興味あれば下記のリンク先から読んで見てください。

https://www.soccer-king.jp/sk_column/article/231537.html

まとめると

足首が過回外すると、土踏まずが、グッと盛り上がり、凹足・ハイアーチ・回外足になります。

逆に、足首が過回内すると、土踏まずが潰れ、扁平足の状態になります。

過回外を後ろから見ると。

過回外を前から見るとこうなっています。

足首の過回外を改善することが、凹足・ハイアーチ・回外足を改善するということです。

なぜ足首が過回外するのか?

という問題は、100人いれば100通りの原因があります。

土踏まずは、足の筋肉だけでアーチを作るべく引っ張り上げていそうですが、実際には少々違います。

首の筋肉、胸の筋肉、腕の筋肉、背中の筋肉、腰やお尻の筋肉、横隔膜、骨盤底筋群など、全身の筋肉を総動員して土踏まずを作っているイメージで捉えていただいても間違えありません。

全身の筋肉、関節の問題があり、結果として足首が過回外したり、過回内してバランスをとっているのです。

凹足・ハイアーチ・回外足の方は、足の痛みだけでなく、首の痛みや肩こり、腰痛など、あちこちに不調を抱えている方が多いです。

まず取り組んでいただきたい、一人でも行える凹足・ハイアーチ・回外足を改善する対策をご紹介します。

「足の指を丸めること」です。

早速、始めてみて下さい!

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-浮き指, 足のトラブル

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.