各種症状

頭蓋骨や顔って歪むんですか? という質問

更新日:

頭蓋骨や顔って歪むんですか? という質問

 

身体のねじれや歪みというのは。よく聞く一般的な話だと思います。

例えば、背骨や骨盤の歪みやねじれなどは聞いたことがあるかもしれませんね。

また、聞いたことがあるだけではなく、実際に体感として背骨や骨盤の歪みや捻れと感じている方もいるかもしれません。

さらに実際に、背骨や骨盤の歪みに対しての施術を受けたことがある方もいるかと思います。

施術中によく聞かれる質問があります。

「頭蓋骨や顔って歪むんですか?」

という質問です。

頭蓋骨がねじれや歪むというのは、ご存知でしょうか?

頭蓋骨のような硬い骨が歪んだり、捻れるのは、あまり一般的では無いかもしれませんね。

実際には頭蓋骨は、捻れたり歪んだりします。

この写真を見ると、体全体が左側にスライドするように捻れているように見えると思います。

ただし、この見方は頭蓋骨が捻れたり、歪んだりしていないという前提で成り立つものです。

頭蓋骨がねじれてしまっているので、頭蓋骨を固定すると身体がねじれてしまうように見えてしまうという図式も成り立ちます。

頭蓋骨の歪みやねじれの指標

例えば、こめかみの位置や左右の目の高さや位置を鏡の前でよく見てみてください。

本体は、こめかみの骨の位置や目の高さは一直線に揃うはずなのです。

不調がある方の大半の方が、一直線上には無いと思います。

また、左右の耳の位置というのも指標になります。

耳の穴に指を入れて鏡の前でチェックしてみてください。

これもやはり、不調がある方の大半の方が、一直線上には無いと思います。

蝶形骨と側頭骨

蝶形骨

こめかみの骨は、蝶形骨と呼ばれる骨です。

蝶が羽を広げたような形をしています。

蝶形骨は、頭蓋骨の中でも一番多くの骨と接している骨です。

様々な骨の影響を受けます。

逆に蝶形骨のねじれが頭蓋骨全体へ与える影響も大きいのです。

また、蝶形骨にはトルコ鞍という、脳の下垂体がはまり込む場所があります。

下垂体は、大半のホルモンのコントロールに関わる場所でもあります。

蝶形骨がねじれるということは、下垂体も何らかの影響を受け、ホルモンの分泌にも影響が出ることがあります。

側頭骨

耳の穴があるのは側頭骨と呼ばれる骨です。

側頭骨には顎関節があります。

側頭骨も、蝶形骨ほどではありませんが、たくさんの骨と面しています。

側頭骨がねじれると、顎関節や耳に関する疾患などに影響を与えることがあります。

なぜ、頭蓋骨や顔がねじれるのか?

結論から言いますと、いろいろ原因がありすぎて、一言では言えないのですが(笑)

わかりやすい例に絞ってお話しします。

多くの方は、右下を向いて仕事をしていたり、作業をしていることがほとんどだと思います。

あまりに一日中、右下を向く体勢を取っていますと、頭蓋骨や顔が歪んだり、捻れてくるのです。

脳からすると、ずっと右下を向いているわけですから、ずっとそのままにしておいた方が都合がいいと判断してしまうのでしょうね。

蝶形骨や目の高さは水平を保っていたい

目の高さが左右違ったまま歩いたり、立っていると違和感がありますよね。

目の高さや蝶形骨は水平を保っていたいのです。

そこで、体全体や骨盤、背骨で水平を合わせようとするでしょう。

結果として頭蓋骨が捻れると、身体がねじれたり、歪んでくるのです。

まとめ

頭蓋骨や顔って歪むんですか? という質問を良くいただきます。

身体や背骨、骨盤だけでなく、頭蓋骨がねじれや歪むというのは、ご存知でしょうか?

頭蓋骨の歪みやねじれの指標になるのが蝶形骨(目の高さ・こめかみの位置)と側頭骨(耳の位置)です。

なぜ、頭蓋骨や顔がねじれるのか?

特定の動作を長時間繰り返しおこなっていることが考えられます。

蝶形骨は目の高さは水平を保っていたい。

目の高さが左右違ったまま歩いたり、立っていると違和感がありますよね。

目の高さや蝶形骨は水平を保っていたいのです。

そこで、体全体や骨盤、背骨で水平を合わせようとするでしょう。

結果として頭蓋骨が捻れると、身体がねじれたり、歪んでくるのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-各種症状

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2019 All Rights Reserved.