産前・産後 骨盤矯正

産後の恥骨の痛みの原因とは?

投稿日:

産後の恥骨の痛みの原因とは?

産後、恥骨の痛みで悩まされる方は、いらっしゃいます。

場所が場所だけに、どこで施術を受ければいいのか? 

また、自分でどうやって対処すればいいのか?

と悩んでいる方も多いかと思います。

恥骨はどこにある?

骨盤の底といいますか、ちょうど受け皿のような位置にあります。

足の付け根という、言い方でもいいかもしれません。

歩いたり、立ち上がるとき、寝返りなど、あらゆる場面で痛みが出ることが多いのです。

恥骨は、どうねじれる?

ほとんどの場合、この図のパターンでねじれることが多いです。

ちょうど、左右の恥骨に逆回転のねじれが入っているのが、わかるでしょうか?

左右の恥骨を繋いでいる、真ん中に恥骨結合があります。

左右の恥骨に逆回転のねじれがかかっているため、恥骨結合に剪断力がかかります。

恥骨結合に、とても負担がかかるのがわかると思います。

これで、恥骨が痛くなるメカニズムは、おわかり頂けたでしょうか?

なぜ、産後に恥骨がねじれるのか?

出産のダメージというのもあるかもしれません。

出産後の生活で、恥骨がねじれるのではないか?

ということです。

出産すると、産前に比べると生活が激変しますよね。

授乳、抱っこ、お風呂、オムツ交換、不規則な生活による睡眠不足などなど、挙げればきりがないですね。

手を酷使する機会も増えますし、身体の負担も大きくなります。

また、左手で、子供を抱っこする方が大半だと思われます。

もっと言いますと、左の腰に子供を乗せるように抱っこしています。

まさに、恥骨をこうやって捻って抱っこしているわけですね。

恥骨の痛みを和らげるには、抱っこの仕方を変える必要もあります。

産後に恥骨に痛みが出る方は、外反母趾の方が多い

といった具合に、産後に恥骨の痛みが出ている方は、外反母趾になっている方が非常に多いのです。

足首と恥骨の痛みとは、関係ないと思われるかもしれません。

足首は、上の図を見ていただければわかりますが、小さな骨の結合体です。

精密機械のように、実に複雑で細かい動きをしています。

まず外反母趾の方の足首をチェックすると、過回内(オーバープロネーション)がおきています。

画像参考元 http://bullion.co.jp/archives/43

なおかつ、土踏まずが低下して、扁平足になってしまっています。

足のアーチが潰れてしまって、外反母趾のようになってしまっています。

足首の過回内が、「股関節の内側の痛みと何の関係があるんだ?」

と思いますよね。

上の図を見ていただければわかるのですが、足首がまっすぐではないので、すねの骨(脛骨や腓骨)が捻れます。

すねの骨が捻れれば、膝が内旋します。

膝が内旋すれば、股関節が内旋します。

さらに、骨盤も前傾します。

こういったねじれ方ですね。

X脚や、X脚気味という言い方もされますね。

こうなってしまえば。骨盤や股関節周りだけを施術したり、ストレッチを行っても、改善に導くのは難しいでしょう。

産後の恥骨の痛みの発生機序を考えると・・・

末端の足首や、腕から恥骨のねじれが始まっているとも言えます。

恥骨や骨盤がねじれるのは、原因ではありません。

結果としてねじれてしまうだけです。

原因である末端の足首や、腕のねじれを改善していかないと、すぐに恥骨の痛みが戻ってしまうのです。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-産前・産後 骨盤矯正

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.