姿勢 肩こり

首こり、肩こりの人は首が短く見える?! 間違った胸の張り方をしている

更新日:

首こり、肩こりの人は首が短く見える?!

日本人は、肩こりや首こりで悩む人が多いと言われています。

肩こりの原因といえば、代表的なものとして、運動不足や姿勢などが挙げられます。

ところが、肩こりの原因が運動不足や姿勢によるものだ、とわかっても、多くの方が解決できていません。

もし、解決できていれば、肩こりで悩む方というのはもっと少ないはずですから。

なぜ、肩こりの原因が運動不足や姿勢によるものだと、わかっていても改善できないのでしょうか?

これは「肩こりの方は、首が短く見える」と大いに関係がある話なのです。

なぜ、肩こりの方は、なぜ首が短く見えるのでしょうか?

間違った胸の張り方をしている

ということです。

肩こりの方は、姿勢を改善しようとして、巻き肩や猫背を改善しようと、もっと胸を張ろうと試みたはずです。

私も、かつて試みたことがあります。

または肩甲骨を寄せるような動きですね。

胸を張ったり、肩甲骨を寄せる動きをしても、なかなかいい結果が出なかったのではないでしょうか?

実は、これは間違いではないのですが、少し説明が足りていません。

この動きに足りないものがあります。

何が足りないかと言いますと、

肩甲骨下制の動き

鎖骨を押し下げるような、肩甲骨下制の動きができていないのです。

図だけですと、難しいと思いますので、動画を貼ります。

という動きです。

肩甲骨下制の動きを伴わない状態で、肩甲骨を寄せたり、胸を張っても、うまくできないのです。

肩甲骨下制の動きを行うと、結果として胸を張って、肩甲骨を寄せるポジションになるのです。

簡単にいうと、肩が上がった状態で、胸を張ったり、肩甲骨を寄せることが、肩こりや首こりの原因になるのです。

肩こりの方は、この肩甲骨下制の動きがうまくできない方が非常に多いです。

肩甲骨下制ができないと、肩が上がり、首が短く見える

肩が上がった状態で、胸を張ったり、肩甲骨を寄せることが、肩こりや首こりの原因になります。

この肩甲骨下制の動きがうまくできないということは、ずっと鎖骨や肩甲骨が上がりっ放しということにもなります。

ずっと鎖骨や肩甲骨が上がりっ放しですから、僧帽筋(別名肩こり筋)が力が入りっぱなしで、非常に疲労しやすくなり、肩こりになるわけです。

また、鎖骨や肩甲骨が上がりっ放しですから、よくいえば怒り肩で、首が短く見えてしまいます。

さらに、肩甲骨下制と、もう一つ大事な関節の動きがあります。

肩関節外旋(肩甲上腕関節)

手の平を、真正面に向ける動きとでも言いましょうか。

図だけですと、難しいと思いますので、動画を貼ります。

肩関節外旋(肩甲上腕関節)を開くような動きをすると、肘がお腹にぶつかるような動きになります。

また、結果として肩甲骨下制の動きになります。

l

懸垂の動きを行うと、肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制の動きで行うことになります。

肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制は、結果首が長くなり、胸を張って、肩甲骨を寄せる動きになる

肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制というプロセスがあり、結果として胸を張って、肩甲骨を寄せる動きになります。

結果である胸を張って、肩甲骨を寄せる動きだけ、真似をしようとしても、うまくいかなかったのはこのためです。

日本人は、肩こりの人が多いというのも、この「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」という動きが苦手な人が非常に多いのです。

運動しても・・・

この「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」ができていない状態で、腕立て伏せや、ジムで筋トレなどを行っても、肩こりが改善しなかったのはこのためです。

腕立て伏せや、ベンチプレスをして、肩の前側が痛くなったり、肘や手首を痛める方が多いのは、「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」の動きができていないからです。

肩と骨盤は連動している

立った状態で、やってみるとわかりやすいです。

「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」の動きを行うと、お尻がぎゅっと締まる感じがすると思います。

このお尻がぎゅっと締まる動きは、骨盤が締まる動きと、言えるかもしれませんね。

肩をあげた状態で、軽くスクワットの動きをするのと、「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」をして、軽くスクワットの動きをすると、違いが歴然とわかると思います。

結局、姿勢に影響します

この図を見るとわかりますが、肩が上がってしまい、首が短く見えるのがわかりますでしょうか?

左側は、「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」ですが、右側は「肩関節内旋、上腕骨内旋、肩甲骨挙上・上方回旋」とも言えます。

肩こりや姿勢を改善して、首を長く見せる対策は?

「肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」を行うに尽きます。

l

懸垂の動きを行うと、肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制の動きで行うことになります。

懸垂のフォームを練習してみるのもいいかもしれませんね。

最後にまとめると

首こり、肩こりの人は首が短く見えるのは、間違った胸の張り方をしていることが多いのです。

具合的には、肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制の動きがうまくできていません。

対策としては、肩関節外旋、上腕骨外旋、肩甲骨下制」を行うに尽きます。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-姿勢, 肩こり

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.