肩こり

肩こりの原因は、猫背というのは本当なのか?

投稿日:

最近、肩こり関連の投稿ばかりしています。

このブログも、記事の大半が、患者さんから聞かれた質問などに応える形で書いていることが多いのです。

最近、肩こり関連のことを聞かれることが多いため、どうしても肩こり関連の記事が多いわけなのです。

肩こりの原因と言いますと、不良姿勢や猫背というのは、よく言われる話です。

姿勢を気をつけても、なかなか肩こりが改善しない・・・

そんな方は多いのではないでしょうか?

肩こりの原因は、猫背というのは本当なのでしょうか?

肩こりの原因が猫背というのは、半分あっていて、半分間違いです。

猫背が改善すれば、肩こりが改善する方もいれば、改善しない方もいます。

また、猫背でも肩こりがない方もいれば、肩こりを感じる方もいます。

肩こりの原因は、人それぞれであり、一概に言えないというのが、本当のところです。

なぜ、猫背が原因で肩こりになるかと言いますと、

猫背の方は、頭の位置が前方に変位しているため、頭の重さで首の筋肉や肩の筋肉が引っ張られ、疲労して肩こりになると言われています。

肩こりの原因とは?

思いつくまま、肩こりの原因を書いて行きます。

  • 手の使いすぎ
  • 腕のねじれ
  • 肘関節の問題
  • 手首のねじれ
  • 背骨の問題
  • 栄養不足
  • お菓子や食べすぎ
  • お酒の飲み過ぎ
  • 水不足
  • 股関節・骨盤の問題
  • 足首が原因
  • 肋骨の問題
  • 頭蓋骨の問題
  • 運動不足
  • 運動のし過ぎ
  • 睡眠不足
  • 内臓の問題 
  • ストレス

などなど、色々と出てきます。

肩こりの原因は、この中のどれか一つだったり、2〜3つあることもあります。

実は、簡単そうで、難しいのが、肩こりなんですね。

また、猫背というのも、定義が難しいのですね。

猫背とは?

猫背と聞くと、丸い背中を想像すると思います。

私も、昔はそう思っていました。

どうも、猫背=丸い背中と考えると、つじつまが合わないことが多いのです。

猫背とは、顔の位置が前に行き過ぎている

ではないかと思うのです。

実際には、猫背の方の背骨をチェックすると、丸い背中というよりも、背骨のカーブがまっすぐになっている方がほとんどです。

猫背だからといって、丸い背中にこだわり過ぎない方が、身体が正しく見えてくると思います。

昔は私も思い違いをしていましたが、姿勢を正しく診るということは、簡単ではありません。

ついつい、背中や頭の位置ばかり注目してしまいますよね?

猫背や姿勢というと、背中や頭の位置ばかり気になってしまいます。

なかなか背中や頭の位置の調整だけでは、猫背が改善することは少ないのです。

では、長年悩んでいるひどい猫背の方ほど、どこをみれば良いのでしょうか?

それは足首なのです。

姿勢を足首でコントロールする。

実は、子どもは姿勢を足首でコントロールしています。

姿勢を足首でコントロールするのは、基本なのです。

姿勢を無意識のうちに、足首でコントロールしていますので、できなくなってしまうとコントロールできなくなるのです。

例えば、足首の動きなどの問題が起き、姿勢が足首でコントロールできなくなったとします。

すると、今度は足首の動きをカバーしようと、股関節でコンロールしようとするのです。

実は、腰などが痛くなるのはこのメカニズムです。

足関節の動きが悪くなると、代償的に股関節の周辺の筋肉が過剰に動きます。

足首の負担を、股関節で肩代わりするわけですね。

足首の負担を、股関節で肩代わりするということは、股関節周りの筋肉にも負担が大きくなります。

すると、股関節の可動域にも影響が出ますよね。

股関節の可動域や、運動に関する筋肉(大腰筋、大臀筋、中臀筋、梨状筋・・・など)が腰痛に影響していることは、説明不要だと思われます。

もっと言うと、股関節の可動域や骨盤や股関節の筋肉に問題を発生させているのも、足首に問題があるとも言えます。

ハイヒールなどで、足首の動きにロックをかけてしまうと、骨盤や股関節に問題が起こり、頭が前方にいくことで、バランスを取っているとも言えます。

足首の問題を解消せずに、上半身だけでなんとかしようとしても、結果が出ないには当たり前なのです。

猫背を直すには、足首から直していくべきなのです。

特に長年ひどい猫背で悩んでいる方こそ、足首に大きな問題が起きていますから。

座っていて、姿勢が悪くなってしまうのは・・・

立っていて、姿勢に問題が出るのは、足首に問題があるからなのですが。

座っていて、姿勢に問題が出るのは、手に問題があることがほとんどです。

具体的には、手首や手の指が、マウスを握っている形で固まっているのですね。

施術中など、リラックスしているはずなのに、手の指の力が抜けないのです。

手首は腱の塊みたいなものですから、固まってしまうっているんですね。

手が固まっているというのが、なかなかの曲者です。

実際にやってみて頂くとわかるのですが、

座って、手首や手の指を固めるポジションを取ると、どうしても頭の位置が前方に変位してしまいますよね。

手の使い過ぎが原因

猫背が原因で肩こりというのは、半分あっていて、半分間違っているということを最初に書きました。

正確には、手の使い過ぎ、手の酷使で肩こりになり、姿勢が悪くなり、肩こりになる・・・

が正解に近いのかな、と思います。

まとめと対策

実は、肩こりの原因とは、書ききれないくらいたくさんあります。

猫背が原因で、肩こりというのは、とてもメジャーな話ですよね。

座った状態で、手を酷使し、手が固まると、どうしても頭が前方に変異し、猫背になります。

手の使い過ぎ、手の酷使で肩こりになり、姿勢が悪くなり、肩こりになるわけですね。

対策

手は握って使うことが多いと思います。

もう片方の手で、手の指に反るような動きをつけてあげてください。

また、もう一つ簡単で効果的なケアをご紹介します。

手の甲の部分の、指の間をほぐしてあげるのです。

マウスなので、酷使している方は、相当固まっているはずです。

固まっている手が、柔らかくなれば、呼吸もしやすくなり、頭の位置も前方に変位しにくく、なるはずです。

仕事中でも行えると思いますので、是非やって見てくださいね!

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-肩こり

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.