O脚・X脚 肩こり

O脚を治すつもりはなかったけど、O脚を治した方が早そうというケース

更新日:

O脚を治すつもりはなかったけど、O脚を治した方が早そうというケース 江古田/東長崎「ながさき整骨院」

きっかけ

彼女が元々、うちに来たきっかけというのが、O脚矯正希望で来たのではなく、身体に不調が出ていたためでした。

特に長時間歩くと、ふくらはぎや外くるぶしの下が痛みが出ることが多く、すぐに歩き疲れてしまっていたそうです。

また、決まって靴の外側ばかりすり減るのが、ずっと気になっていたそうです。

また、太ももが太くなってしまうのも悩みの一つだったということで、これだけ捻れていれば・・・

という感じですね。

他の治療院にもいくつか行ってみたが、歩き方を変えないと治らないと言われたものの、、

歩き方を意識しても、なかなか難しく、困っていたそうなんです。

また、姿勢や肩こり、腰痛にも悩んでいたそうです。

歩き方を変えるということ

この歩き方を変えるというのが、なかなか、、、なんですよね。

結論から言ってしまいますと、意識して歩き方を変えれば一番いいのです。

ですが、意識して変えるというのは現実的には難しいのではないかと思います。

太ってる人に、「食べるな!」とアドバイスするようなものです。

身の蓋もないですよね(笑)

アドバイスされた方も、食べなければいいとは思っていると思いますし、食べないということが現実的には無理なので、太ってしまうわけです

では、どうすればいいと思いますか?

身体自体を変えて、無意識下でやっている歩き方を変えてしまえばいいのです。

歩き方がおかしくなるということは、どこかにうまく動いていない関節があるわけです。

背骨の人もいれば、鎖骨だったり、肋骨、骨盤、股関節、足首、腕のねじれが酷くて、歩き方がおかしくなり、長時間歩くと腰が痛くなったり、足が痛くなる人もいます。

調整を入れていって、身体が変われば、歩き方が変わります。

歩き方が変わってしまえば、痛みは出にくくなります。

彼女の悩みを解決するには、身体そのものを変えて、O脚自体を改善するのが早そうです、というわけで、早速検査をしながら施術開始。

 

施術前の歩行ですが、左側に傾いてしまっています。

また、歩くたびに体幹がぶれてしまい、歩行時に股関節や大臀筋がうまく使えていないこともわかります。

歩行時に上半身と下半身がバラバラですね。

歩幅も狭いです。

足首もうまく使えておらず、引きずって歩いている印象ですね。

施術を開始しました。

検査しながら全身を施術すること45分ほど、、、

 

 

 

 

 

 

まだ、上半身と下半身との連携はイマイチですが、歩幅が大きくなり、足首がうまく使えているのがわかります。

歩行時にやっと股関節や大臀筋が使えるようになりました。

O脚の改善のキモは歩き方かなと、思います。

写真を見る限り、劇的に改善したとは言い難いのですが、軸があって来て、本人曰く、「すごく立ちやすくなった、まっすぐ立っている感じがする」とのことです。

また、接地感がかなり変わり、どうしても外側に体重がかかってしまう状態から、「足の裏全部で踏ん張っている感じがする」、と嬉しい感想を頂きました。

今後も変化が出て行くのが楽しみです!

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-O脚・X脚, 肩こり

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.