外反拇趾 浮き指 足のトラブル

扁平足の原因とは?

更新日:

扁平足の原因とは?

この記事をご覧になっているということは、あなたは扁平足でお悩みでしょうか?

もしくは、扁平足気味になっていて、心配になっているのではないでしょうか?

どうやったら扁平足が良くなるのか。

また、年々扁平足が悪化しているような気がするので、なぜ扁平足が悪化しているのか原因を知りたい・・・

という方もいるのではないでしょうか?

この記事は、扁平足が気になっている方のヒントになれば嬉しく思います。

扁平足とは、そんな状態なのでしょうか?

簡単に書きますと、足の土踏まずが潰れて、地面についてしまっている状態を扁平足と呼びます。

扁平足のほぼ全員の方が、外反母趾と内反小趾も併発しています。

併発というよりも、足首の構造を考えれば、必ず外反母趾と内反小趾も発生するといっても過言ではありません。

逆に言いますと、外反母趾と内反小趾の方は、扁平足になっている、または扁平足気味とも言えます。

扁平足の発生原因とは?

扁平足は、ほとんどの場合、踵の過剰回内(オーバープロネーション)から発生しています。

画像参考元 http://bullion.co.jp/archives/43

踵が過剰回内を起こしているため、土踏まずが低下して、扁平足になってしまっているのです。

踵が過剰回内を起こすと、踵の関節が崩れ、結果的に母趾の付け根にある第一中足骨という骨が、内側に広がり、反り返ってしまいます。

第一中足骨が内側に広がり、反り返るということは、土踏まずを潰れている状態です。

つまり、踵の関節が過剰回内を起こし、第一中足骨が床から持ち上げられ、母趾とは反対側に反り返りながら横に広がってしまうことが、扁平足の原因なのです。

また、第一中足骨が床から持ち上げられ、母趾とは反対側に反り返りながら横に広がってしまうことは、外反母趾のな原因でもあります。

潰れてしまった土踏まずにソールのようなものを入れても、根本解決ではないのは、そのためです。

まずは、踵の過剰回内を改善する必要があるのです。

踵の過剰回内を改善するためのワーク

本来でしたら、全身をチェックして施術を入れてうまく使えていない筋肉や関節を特定しなければいけません。

なかなか施術には、来れないという方もいらっしゃると思いますので、少しでも普段取り組めるワークをご紹介します。

そのワークとは、足の指を使うということです。

「え? それだけ?」

と思った方もいるかもしれません。

実は足の指を普段生活で意識して使うというのは、非常に大事なことなのです。

足の指というのは、かなり強力な指です。

最強と言ってもいいかもしれません。

足の指は全体重が支えられます。

爪先立ちのような動きで、全体重支えられる骨は、足の指だけです。

そんな強力な足の指が使えていないわけですから、他の関節に与える影響は非常に大きいと言えます。

足の指が浮いてしまって、中足骨が開いているため、踵の過剰回内を引き起こします。

足の指が普段使えていないことが、扁平足を引き起こしているとも言えます。

足の指が弱くなっている

長年、足の指を使っていない生活をしていたので、足の指の力が落ちてしまっています。

足の指が弱ってしまているので、いざ使おうとしても、使えないのです。

まずは、普段の生活から少しづつ使ってみてください。

思いがけない気づきが得られると思います。

さらに余裕があれば、以下のワークもやってみて下さい。

爪先立ちの動き

タオルギャザーとか逆の動きなのですが、立った状態で、爪先立ちの動きをすると、足のアーチが上がります。

足の指を床に押し付けるような動きになり、中足骨の間がギュッと締まり、土踏まずが盛り上がるのです。

運動でいうと、カーフレイズという運動です。

ここで、「あれ?」と思った方もいるかもしれません。

一般的に「扁平足を改善するのに良い」と言われている「タオルギャザーという運動を逆じゃ?・・・」

と思われたのではないでしょうか?

タオルギャザーとう運動は、床に敷いたタオルを足全体で丸めていく運動です。

タオルギャザーのような動きは、逆に中足骨を床に押し付ける動きで、中足骨の間が広がります。

実は、タオルギャザーの動きを行うと、一般的に言われているものとは逆で、足のアーチを低下させてしまうのです。

まあ、とは言え、全く足の指を使ってこなかった方が、最初のきっかけという意味では行ってもいいかもしれませんけどね。

さいごに・・・

扁平足といっても、潰れている土踏まずだけ見れば良い、というものではありません。

人間の動作は「立つ」「歩く」「座る」が基本です。

全身のどこかの問題が、扁平足という結果に表れていることが多いのです。

  • なぜ、扁平足になってるのか? 
  • なぜ、踵が過剰回内になっているのか? 
  • なぜ、足の指が使えなくなっているのか?

十分に見極めていく必要があります。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-外反拇趾, 浮き指, 足のトラブル

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.