コラム

誰も嘘をついていないし、間違っているわけではない

更新日:

誰も嘘をついていないし、間違っているわけではない

こういう施術する仕事をしていると、いろいろな相談を受けたり、質問されることがあります。

具体的に挙げていくと、、、

  • テレビで〇〇が良いってやっていたんですがどうですか? 
  • 雑誌で〇〇が良いってやっていたんですがどうですか?
  • テレビで〇〇が良いって聞いたので、ずっとやっています!(でも良くなってはいない)
  • 雑誌で〇〇が良いって聞いたので、ずっとやっています!(でも良くなってはいない)
  • 病院で〇〇が良いって聞いたので、ずっとやっています!(でも良くなってはいない)
  • 整骨院で〇〇が良いって聞いたので、ずっとやっています!(でも良くなってはいない)

などです。

良いって聞いたので、やっているけど、イマイチ効果が感じられないので、どうなのかな?
というところでしょうね。

こう書くと、テレビや雑誌でやっていることなんて信じちゃダメです!

と思うかもしれません。

でも、そうではなくて、何が言いたいかというと、誰も嘘をついていないし、間違っていないということです。

テレビや雑誌の情報、病院の先生、整骨院の先生の言っていることは、正しい情報です(多分・・・)

正しい情報を、受け取る側が、勝手に判断して間違えます。

正しい情報を、誤解して捉えているということですね。

言葉は体験が作り出す

特定の言葉の意味や概念は、体験・経験が創り出すのです。

例えば、「山」と聞いて、イメージするものは、様々です。

関東圏の方は、「山」と聞けば、富士山を想像する方が多いかもしれません。

大阪に住んでいる方は、「山」と聞けば、六甲山だったりします。

同じ言葉を見ても、反応が異なるのは、プログラムが違うからです。

そして、そのプログラムは過去の体験・経験に基づいて出来上がっているのです。

自分の体験・経験でバイアスがかかる

テレビで〇〇が良いってやっていた!

というのを、1日に何回も聞くことがあります。

テレビでダイエットや腰痛の特集があった場合などです。

みんな同じ番組を見ていたはずなのに、言っていることが異なるのですね。

正しい情報を、受け取る側が、勝手に判断して間違えます。

効果が出ないのは、こういうことです。

「それはもう知っています!」

と思ってる事を、実は誤解しているかもしれないのです。

ネットやテレビなどで、無料情報を熱心に収集する方の中には、誤解の塊みたいな方もいます。

栄養学や解剖学、運動学をろくすっぽわかっていないのに、「専門家より詳しい」顔をしている方もいます。

本人は知ってるつもり、できているつもりで、周りに教え始める方もいますので、ある意味タチが悪いかもしれません。

前に、こんなことがありました。

新規の方の問い合わせで、

「背骨が曲がっている? 側湾症と言われたことがあるので、診てほしいです」

です。

で、診せていただくと、特に側湾症を示す初見はありませんでした。

不思議に思い、よくよく聞いてみたところ、衝撃的な回答がありました。

何年か前に、近所のおじさんに

「あなたは歩き方が悪いね。背骨が曲がっているから、側彎症を治さないと、一生歩き方が治らないよ」

と言われたのがショックで、何年も「側彎症を治してくれる治療院や病院」を探して彷徨っているということでした。

うちと同様、どこに言っても

「側彎症じゃありませんよ」

と言われてしまい、困っているということです。

ちなみに、その近所のおじさんというのは、医療関係者でもなく、専門家でもないそうです。

そのおじさんの中では、

「歩き方が悪い=背骨が曲がっている=側彎症」

というロジックなのでしょうね。

自分だけで、そのロジックを自分だけで実践する分に個人の自由ですから、好きにすればいいと思いますが、他の人にまで言いまくるのは、困りますね(苦笑)

盛っているだけで、間違っているわけではない

トクホのお茶ってご存知ですが?

トクホのお茶って飲むとダイエットに効果的な感じがしますよね。

実際の効果はどんなもんかというと、効果があるけど、期待するほどのものではない。

ということです。

例えばカテキンが大量に入っているトクホのお茶の場合は、

カテキンの脂肪燃焼効果を検証したいくつかの研究によると、トクホのお茶に含まれる程度の量のカテキンを飲むと、たしかに消費カロリーが1日に50~100kcal増加することがわかっています。これは、脂肪に換算すると10g程度、食べ物にすると、おにぎり二口ぶんほど。トクホの効果を過信して食べ過ぎると逆効果になることもあります。トクホを利用する時は、そのぶん甘い飲み物をやめたり、ウォーキングを行ったり、上手に生活改善のきっかけに使うことが、その効果を生かすコツなのです。

引用元:発見!トクホでやせる本当のコツ – NHK ガッテン!

です。

脂肪をカットするお茶も、難消化性デキストリンが入っていますが、効果があるけど、期待するほどのものではないです。

ペットボトル1本飲むと、1%脂肪をカットしてくれるそうです。

食事で、30gの脂質をとった場合、0、3g脂質をカットしてくれます。

1%を「凄い!」と解釈するか、「たったそれだけ? ほぼ意味ないじゃん・・・」と解釈するかは、別れるでしょうね。

テレビなどでも、こういう説明をしているはずですが、ちゃんと聞いていなかったり、自分が都合がいいように解釈する方が大半です。

そして、

「トクホのお茶飲むとめっちゃ痩せるらしい!」

「トクホのお茶飲めば、揚げ物ガンガン食べても大丈夫!」

と解釈してしまいます。

そして

「トクホのお茶飲んでも全然痩せない・・・」

「トクホのお茶飲んでむしろ太った・・・」

となってしまいます。

腰痛や肩こりなんかも同じことが言えます。

「テレビでやっていた体操やっても全然良くならない」

「病院や整骨院の先生に聞いた体操やっても全然良くならない」

というのも、

「体操やると多少は痛みが和らぐかもしれません」

という程度なのを、誤解して受け取るわけですね。

「体操続ければ腰痛が治る」

などとですね。

ネットやテレビなどで、無料情報を熱心に収集する方の中には、誤解の塊みたいな方もいます。

誤解の塊の方に、いくら説明をしても、全然理解してもらえず困った方も多いかと思います。

それもそのはず、誤解の塊のような方に、いくら正論で説明したって、ちゃんと聞いてもらえるわけがありません。

結局、自分にとって都合がいい情報しか入れたくないからです。

昔、知人に会うたびに同じことを聞かれました、、、

私は、その知人に対して、多分10回以上は同じことを言い続けました。

「何をやったって小顔には、ならないよ!」

と・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-コラム

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.