コラム

整骨院の料金って、なんであんなにわかりにくいの?

投稿日:

整骨院の料金って、なんであんなにわかりにくいの?

という質問を、頂くことがあります。

これは、ウチに来てくれている方や、普通に飲み仲間や友達からも聞かれます。

どういうことかわからず、実際にサイトを見せてもらったり、話を聞くと、

「ああ、なるほど・・・」

と思います。

メニュー的なものが多すぎる問題

実際に、スマホの画面を「ほら!」と見せられました。

すると、

保険診療

3割負担 

初回料金

1部位 700円前後
2部位 950円前後
3部位 1200円前後

2回目以降

1部位 200円前後
2部位 400円前後
3部位 600円前後

交通事故の方 無料!

根本治療、早く治したい方

保険診療費 + 自由診療費(1000〜3000円くらい)*症状の程度により異なります。

もっと深い根本施術、とにかく早く改善したい方

初診料 2200円 一回 4500円 

という感じでした。

「私は足を捻っちゃったんだけど、どれなんですかね?」

と聞かれました。

さらに「自転車から降りる時に捻ったんだけど、これって事故扱いなの?」

と言われました。

確かに、「この料金表示は一般に方にはわからないなー」と思いました。

「腰が痛いときは、いくらなんですかね?」

という話にもなりまして、この料金表を見る限りだと、600〜6000円くらいということになります。

こっちが「このメニュー?でお願いします! っていうシステムなんですかね?」

「向こうの先生が勝手におまかせで決めるシステムなんですかね?」

と話になりまして、このサイトを見る限りだとよくわからないという結論に。

法律がどうのこうの、という話はさておき、患者さん目線で考えると不親切とも言えます。

きっと、ここの整骨院の先生は、患者さんのためを思い、良かれと思ってメニューを増やしたんでしょうけどね。

患者さん思いの姿勢は、メニューからは伝わって来ます。

保険施術の料金は明示できない

保険施術の場合、負傷日(怪我した日にち)と施術日、どんな処置をしたかで、料金は変わります。

2回目以降の再施術も、同じ理由で変わります。

明示できないのは、そういったわけです。

とはいえ、それは接骨院・整骨院サイドの言い分であり、患者さんからするとわかりにくいことは間違いありません。

それは、病院なんかも同じでしょうね。

手術をしても、料金は一律ではないでしょうから。

保険施術の料金がわかりにくいという問題はどうすればいいんでしょうね(笑)

私には、いい知恵が出て来ません。

と、こんな話をしていたら、料金がわかりにくいというのは、こういった細かい保険施術の問題だけではありませんでした。

保険が使えるとHPで確認して行ったら、6000円だった。

以前、宴席でこんなことを言われました。

簡単に経緯を書きます。

腰が急に痛くなり、ウェブで調べて、近くの整骨院に行ったそうです。

 施術料金 各種保険取扱い 初回1200円前後。

みたいなことが書いて合ったそうなんです。

いざ、行ってみたら、、、

「今は保険が厳しいので、自費で施術でお願いします。」

と言われ、「一回5千円、初診料千円で、合計六千円お願いします」と言われたそうなんです。

「どういう場合だと、保険が使えるんですか?」と、その方が聞くと、こんなことを言われたそうです。

週に2〜3回、最低1ヶ月通えるなら、保険使えます。

と言われたそうです。

「仕事の都合で、そんなには通えないから、、、」

ということで、6,000円で施術を受けて来たそうです。

施術を受けずに帰りたかったそうなのですが、帰るに帰れない雰囲気だったそうです。

「だまし討ち」ではないか、とこの方は怒っていました。

この方の言い分とすれば、

週2〜3回、最低1ヶ月は通える方以外は、保険使えません!

と明示しておくべきではないか?

最初から6,000円と明示してあれば、納得してその整骨院の施術受けた。

「全てに保険が使えるかのような書き方で、実際には使えないというのは、いかがなものか?」と。

この方も、保険が使えるかどうかで、整骨院を探したのではなく、良さそうな整骨院を探していたとのこと。

最初からこの整骨院が、

週2〜3回、最低1ヶ月は通える方以外は、保険使えません!

と明示してあり、それ以外の方は6,000円と明示してあれば、納得してその整骨院の施術受けた。

ということです。

ちゃんと発信をするべき

誤解を招かないためにも、発信をするべきではと思います。

上記の整骨院は、ほぼブログなどで発信は行っていないそうです。

実際に、後で調べてみたそうです。

先ほどの、

「週2〜3回、最低1ヶ月は通える方以外は、保険使えません!」

と表記は一切なく、自費施術を受ける方は、6,000円!

という記事もなかったそうです。

たまにアップされている記事は、食べたランチや、スタッフの誕生日を祝った、休日にスノボに行きました、飲みに行きました、などの記事が中心だったとのこと。

保険に関する記事など、健康情報などは、あまり目に止まらなかったそうです。

結果論になりますが、この整骨院も、もう少し業務に関することを発信していれば、誤解?を防げたかもしれませんね。

世間のイメージでは、「整骨院、接骨院が何をやっているところか、謎のベールに包まれている」ように感じます。

例えば、保険に関することなど、業務に関することなど、有益となる情報をどんどん発信していかないと、時代に取り残されてしまうのでは・・・

と心配しております。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-コラム

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.