東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」

コラム

実は整骨院で働くのは向いていないのかな? と思っていた

実は整骨院で働くのは向いていないのかな? と思っていた

「40歳を過ぎたら、自分に合わんことはせんこと」

この言葉はランチェスター戦略の第一人者である竹田陽一先生の言葉です。

もう、私も今年で40歳です。

今でこそ、自分のペースで楽しく仕事ができていますが、この業界に入ってからも色々とありました。

そういう経験があったから、今がありますから、感謝以外に言葉はありません。

振り返ると、少しずつ自分には合わないことをそぎ落として言った人生だったような気がしますね。

この業界に入ってからも、遠回りで失敗だらけの恥が多い10数年でした。

悩み

私はサラリーマンを経てから、この業界に入りました。

柔道整復師の養成学校に入ったのは20代後半です。

早いのか、遅いのかはわかりませんw

昔、ちょっと格闘技をやっていたこともあり、何となく興味があったんですよね。

ヒトの身体に関してね。

当時、サラリーマンをやっていて、それなりに楽しく働いていたんですが、やはり悩みが出て来ますよね。

悩みというのが、

「モノを右から左へ流すようなことばかりやっていて、将来、俺はどうなるんだろう?」

というもの。

今思えば、何言っているんだw

という感じなのですが、当時はすごく閉塞感がありました。

コマのように使われるというか、

「この仕事は俺じゃなくても、他の誰かでもいいんじゃないか?」

と考え込むようになってしまいました。

オンリーワンではないんですが、何か手に職というか、一生できる仕事をしたいと思うようになりました。

まあ、何というか、今思えば若いですよねw

整骨院で働くことになると・・・

細かい経緯などは省きます。

結論から言うと、どの業界に行っても結局は同じだったんですねw

隣の芝は青く見えると言うことです。

整骨院に勤めだしても、だいたいほぼ同じ理由で退職することになりました。

院長や上層部と意見などが合わなくなるんですね。

あとは騙されたり、体良く利用されているのに気がついてしまい・・・

不正請求の片棒を担がされそうになったり・・

まあ、今思えばですが勉強になりました。

そんなわけで、私が開業したきっかけというのも、実は消極的な理由です。

もともと開業するような度胸なんてありませんでしたから。

どこの整骨院で働いても上と揉めるだろうから、開業するしかないな・・・というものですw

非常にネガティブな理由なんですよね。

整骨院バブル

私が整骨院に勤め始めた10年以上前は、いわゆる整骨院バブルというべき時代でした。

当時開業していた先生は、ほぼみんな自社ビルを建てたり、ベンツを始めとする高級外車を乗り回し、羽振りがよかったのです。

まあ、儲かっていたのですね。

いまほど接骨院・整骨院の数が多くなかったので、大して何もしなくても、駅前などで場所がいいというだけで患者さんが来る時代だったのですね。

今思えば、院長やオーナーや先輩も、まあ私もみんな大きな勘違いをしていました。

例えば「とにかく患者を楽しませろ」という指示

10年以上前にこの業界に入った世代の柔道整復師の先生は、修行中に院長やオーナーから

「とにかく患者を楽しませろ」

なんていう指導を受けませんでしたか?

僕が働いている時は「とにかく喋って患者様の心を掴め!!俺を手本にしろ!」と毎日言われていました。

会話マニュアルなるものをもらったこともあります。

これ、必要なのでしょうか?

「治療効果を上げるために」ということならわかります。

また、患者さんが喋っているのを聞いているのなら、わかります。

お世辞を言うとか、チヤホヤしてあげるとか、治療に必要ないと思うんですよね。

それで、これは私が個人的に思っているかと言ったら、そうではなく患者さんが思っている事なんです。

とにかく喋れ、笑顔で大きな声で!

居酒屋方式で、とにかく大きな声で挨拶することが求められました。

「こんにちは!!!!!」

「お大事に!!!!!!」

それこそ院内に響き渡るくらい、スタッフ全員での大合唱。

少しでも声が小さいと怒られるわけですw

ずっと患者に話し続けろ!

という指示もありましたね。

少しでも間ができると怒られるw

まあ、よく怒られました。

一言で言うと、私はこういった対応が苦手だったのです

人見知りだし、照れ屋で恥ずかしがり屋ですから、苦手の一言です。

まあ苦痛でしたね。

ある意味修行ですよw

あ、ちなみにこの対応を患者さんがどうもっているかというと、

  • 「耳元で大きな声がうるさい」
  • 「治療に集中してほしい」
  • 「話を合わせるのが疲れる」

というのが本音なことが多いです。

ですから「この整骨院に来ると、元気が出るわ〜」

この「この整骨院に来ると、楽しいわ〜」

というのは、社交辞令というやつですね。

でも、これを真に受けちゃダメですね。

実際に、そういう居酒屋方式の整骨院の対応がうっとうしくなり、通院を辞めたなんて事もよく聞きます。

まあ、今はさずがに居酒屋方式の整骨院はないと思いますけどね。

古きよき思い出です。

ちなみに、そこは患者さんいっぱい来てました!

案の定、競合ができ始めた途端に来院数が減り始めました。

要は、自分たちのサービスが素晴らしいから患者さんがたくさん来ていると思っていたら、違ったわけです。

「場所がいいから患者さんが来ていた」

「他に整骨院がないから来ていた」

という理由だったりします。

院長やオーナーからは「しっかり患者の心を掴まないからだ!!もっと喋れ!!」と毎日怒られました。

これも、出来が悪かった私への愛の鞭だと信じたいですw

この頃は、毎日疲れ果てていましたね・・・

あととても「患者様」なんて思えない

「患者」と言うのは、

なんらかの健康上の問題のため、医師ないし歯科医師や専門の医療関係者の診断や治療、助言を受け、(広義な意での)医療サービスの対価を払う立場にある人。

ということです。

できるだけ早く健康への回復のお手伝いするのが柔道整復師の仕事ですよね。

「患者様」だなんてチヤホヤする必要なんてないって思ってしまうんですよね。

チヤホヤしてあげないと、柔道整復師の仕事が成り立たないのであれば、ながさき整骨院は廃業ですねw

私は軽々しくホスポタリティという言葉を使いたくはないのです。

そもそもホスピタリティっておもてなしという意味ですよね。

ホスピタリティなんて、言葉にするものではないですよね。

黙って態度で表すものですよね。

もう交通事故案件には関わりたくない

もう関わり合いたくないと言えば、交通事故患者です。

治療回数を重ねるに従って身体が改善していくと、よくあったことです。

早々に身体が改善して、交通事故の方でも早期に治療終了となる方もいます。

でも、こういったパターンは少数でした。

ほとんどの方が下記のパターンです。

身体が改善していくと、なぜか逆に

「ここがまだ痛い。こっちも痛くなってきた」とか言い始めます。

なぜか、通勤日数も増え出す方もいます。

スポーツクラブで筋トレとかをガンガンやっているのに、

「まだ肩が痛い・・・」「まだ足が痛い・・・」

など。

それに伴い、態度もどんどん横柄になる人って意外と多いんです。

あれでは、いくら施術しても治るものも治りません。

あれは何なのでしょうか?・・・

誰かに入れ知恵されるのでしょうか?

また、水増し請求を遠回しに要求されたこともあります。

信用していた患者さんにこんなことを言われると、本当に悲しくなります。

もちろん、中には事故の被害に遭われて、苦しんでいる方がいるのは重々承知しております。

こういう豹変してしまう方というのは、自分が神にでもなったのかと勘違いされているのか・・・

申し訳ないのですが、人を見る目が変わってしまいます。

世の中には交通事故専門治療などと、デカデカとのぼりまで出しているところもあります。

とても私にはできません。

「40歳を過ぎたら、自分に合わんことはせんこと」

オチがないまま終わりそうなのですが、

「40歳を過ぎたら、自分に合わんことはせんこと」

この言葉を肝に命じて、困っている方のお役に立てるように精進していきたいと思います。

 

The following two tabs change content below.
「ながさき整骨院」代表  好きなもの:蒙古タンメン中本、WordPress、ブログ、SNS 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士

Subscribe / Share

118 views

COMMENT ON FACEBOOK

たくさんのご推薦の声を頂いています。

ひどい腰痛・鼻炎でお悩みの椎名町・落合南長崎在住の方から施術の感想を頂きました。

Contents1 ひどい腰痛・鼻炎でお悩みの椎名町・落合南長崎在住の方から施術の感想を頂きました。1.1 参考動画1.1.1 今日、気になっていた症状を教えていただけますか?1.1.2 施術終わった後、鼻詰まりはどうですか?1.1.3 今...

ひざ痛、股関節痛、あぐらがかけない症状でお悩みの椎名町・目白在住の方に整体・施術の感想を頂きました。

Contents1 ひざ痛、股関節痛、あぐらがかけない症状でお悩みの椎名町・目白在住の方に整体・施術の感想を頂きました。1.1 参考動画1.2 来たきっかけになった症状を教えてください。1.3 施術後はどうですか?1.4 あぐらもですよね?...

江古田/東長崎「ながさき整骨院」 顎関節症 整体 小竹向原・千川在住 施術の感想

Contents1 江古田/東長崎「ながさき整骨院」 顎関節症 整体 小竹向原・千川在住 施術の感想 1.1 参考動画1.2 全身の施術後、右の顎関節はどうですか?1.3 頭蓋骨が顎には一番聞いた感じでしたね?1.4 今日はありがとうござい...

江古田/千川 /東長崎「ながさき整骨院」 O脚 肩こり 外反母趾 豊島区南長崎在住 推薦の声を頂きました。

Contents1 江古田/千川 /東長崎「ながさき整骨院」 O脚 肩こり 外反母趾 豊島区南長崎在住 推薦の声を頂きました。1.1 参考動画1.2 まず来院したきっかけを教えてください。1.3 最初はメールでの相談からでしたよね?1.4 ...

自律神経失調症 肩こり ひざ痛 腰痛 豊島区長崎在住 豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」

Contents1 自律神経失調症 肩こり ひざ痛 腰痛 豊島区長崎在住 豊島区池袋/東長崎「ながさき整骨院」1.0.0.1 川崎 浩司1.0.0.2 最新記事 by 川崎 浩司 (全て見る) 自律神経失調症 肩こり ひざ痛 腰痛 豊島区長...

自律神経失調症、肩こり、腰痛でお悩みだった豊島区池袋在住 長谷川さん から推薦の声を頂きました。

Contents1 自律神経失調症、肩こり、腰痛でお悩みだった豊島区池袋在住 長谷川さん から推薦の声を頂きました。1.0.0.1 川崎 浩司1.0.0.2 最新記事 by 川崎 浩司 (全て見る) 自律神経失調症、肩こり、腰痛でお悩みだっ...
More

よく読まれている記事

コメントの多い記事

予約の取り方

初めての方の予約の取り方

ながさき整骨院は完全予約制となっております。

予約は電話予約、Web予約をお願いしております。

施術中や外出中で電話に出られない場合もあります。

申し訳ありませんがその時はしばらく経ってからまたお電話いただくか、Web予約にてお願いします。

予約専用番号 03-3958-5141

不明な点はお気軽におたずねください。

予約の取り方

施術料金

「ながさき整骨院」には施術メニュー的なものは一つしかありません。

メニューを増やしてオプション的に施術を付け加えていくやり方は、売上が上がるというマーケティングの原則があります。

それに従ってメニューを増やしていくのですが、痛みや不調に悩む患者さんに対して

「あと~円払ったらもっと良くなりますよ」

「あと〜分延長すればもっと良くなりますよ」

と言わなければいけないのは、私の性格的にキツいのです。

こんなことを言っていると儲からないのですが(苦笑)

そもそも、医療でメニュー的なものがあったり、オプション的なものがあるのもおかしいわけです。

例えば手術でメニューの提案や、オプションの提案をされたら、なんかおかしいですよね。

やはり治療内容を決めるのは私のような専門家であるべきです。

来院された方には常に最善を尽くしたいと思い、施術料金は最高品質の施術メニューの一本に絞り込んであります。

施術料金

営業時間・アクセス

東京都豊島区長崎4−8−10ー1F

西武池袋線「東長崎駅」北口徒歩2分 大江戸線 落合南長崎駅 徒歩10分  有楽町線・副都心線 千川駅 要町駅 徒歩15分

来院されている地域

豊島区長崎、豊島区南長崎、新宿区西落合、豊島区要町、豊島区千川、豊島区高松、豊島区西池袋、豊島区池袋本町、豊島区池袋、豊島区南池袋、豊島区目白、中野区江原町、板橋区向原、練馬区小竹町、練馬区栄町、練馬区豊玉北、中野区江古田、

TELL 03-3958-5141

◆営業時間

平日/10:00~21:00

土曜日/10:00~18:00

◆お休み

水曜日、日曜日、祝日

その他、不定休あり

営業時間・アクセス