コラム

健康は足し算ではなく、引き算で考えた方がいい

更新日:

健康は足し算ではなく、引き算で考えた方がいい

新規のクライアントさんが来ると、よくお話することなのですが。

よく、こんなことを聞かれます。

「何をすればいいでしょうか?」

「どういうストレッチをすればいいでしょうか?」

「どういう運動をすればいいでしょうか?」

「何を食べればいいでしょうか?」

などです。

うん、でも気持ちはすごくわかります(笑)

私も数年前までは、足し算の発想で考えることが多かったですから。

身体などに不調が出ると、

「どうしよう?!」

ってなりますよね。

「いったい何をすればいいんだろう・・・」

ってなるところなのですが、ここが落とし穴なのです。

実は大半の方が、足し算で考えていることで、不調が出ていることが多いのです。

何かが過剰になっていて不調が出ていることが多い。

身体のトラブルの関して言うと、何かが過剰になっていて不調が出ていることが多いのです。

過剰?

と思いますよね。

例えばお酒の飲み過ぎというのは、明らかに過剰ですよね。

また、食べ過ぎや砂糖や糖質の取りすぎ、運動のやりすぎというケースもありますね。

過剰になって不調が出ているケースで、

「何をしたらいいですか?」

と考えても、うまくいかないのです。

例えば年中無休でお酒を大量に飲んでいて、不調が出ている方がいたとします。

不調を改善したいなら、お酒を減らすなりやめた方がいいわけです。

運動したって、お酒の飲み過ぎに効くとされる食べ物やサプリメントを取ったところであまり効果は見込めないでしょう。

肥満の方も同様ですね。

要は食べる量が多いから太ってしまうわけで、食べる量を減らせばいいわけです。

痩せようと思って、サプリメントを始めたり、運動するというのも足し算でしょうね。

多くの方が、こんなシンプルなことに薄々気がついていながら、できないのですね。

太っている方も、食べなければいいと、気がついているわけです。

でも、なかなか難しいので、「何かをやろう!」と現実から目を背けてしまうのです。

でも、なぜ多くの方が過剰だとわかっていながら減らせないのでしょうか?

物事は、始めるよりもやめる方が難しいのです。

付き合うよりも別れる方が大変です。

結婚よりも離婚のほうが大変です。

会社に入るより、退職する方が大変ですよね。

お酒も飲み始めるよりも、断酒する方が大変なわけです。

始めるということは、意外と気軽に始められます。

睡眠を削って運動に勤しむ方もいますが、さっさと寝て睡眠を十分に取った方が健康にはいいのです。

実際、睡眠を削って運動しすぎて、健康を害している方は多いですね。

本人は健康に良いと信じてやっているので。、健康を害している自覚がない方がほとんどですね(笑)

まあ、過信とも言いますね。

何事もほどほどに・・・

これは次回の念を込めて書いていますが、

「何事にも偏りすぎず、ほどほどに・・・」

ということです。

これだけやってれば良い!

という魔法のようなものはありません。

身体に良いとされているものだって、食べずぎれば毒です。

どんな運動やストレッチだって、やりすぎれば身体壊します。

お粥だって身体にいいからと、毎食ずっーーーーと、何年も食べていれば胃腸が弱ってしまいますよね。

あまり甘いものや砂糖、炭水化物なやお酒やコーヒーなど、完全にやめてしまうのもアレですよね。

身体の声を聞きながら、程々に楽しみながらうまく付き合っていければいいと思うのですね。

しつこいですけど、

「何事にも偏りすぎず、ほどほどに・・・」

ということです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-コラム

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.