コラム

「無銭飲食」ならぬ「無銭カット」ならぬ「無銭施術」

更新日:

「無銭飲食」ならぬ「無銭カット」ならぬ「無銭施術」

「無銭カット」で逮捕

Posted on | 8月 6, 2017 | No Comments

「無銭飲食」はよくあるが「無銭カット」が神戸市で発生した。2017年8月3日、同市灘区の美容店で代金を支払わなかった詐欺の疑いで、兵庫県警灘署は近くに住む無職の女(63)を逮捕した。

地元紙などの報道による。

女は3日午後3時半ごろ、美容店でカットとシャンプーの施術を受けたが、代金2160円を支払わなかった。女は数百円の所持金しかなく、「お金はない」と話し、逃げる様子もなかったという。

服役覚悟の「無銭飲食」で腹いっぱい食べる、というのも迷惑な話だが、2千数百円でキレイになって逮捕というは、悲し過ぎる。

http://ribiyo-news.jp/?p=20962

美容院でも、こんなことあるんですね。

これはびっくり。

美容院って、ほとんどのところが住所とか名前とかも記入しますよね。

と言っても、私は一度同じ美容院に行くと長いので、そんなにコロコロ変えないのです。

そんなに何十箇所も巡ったとか、そんなことはないので、私の個人的な少ない経験の範疇内ですが。

記入された名前も住所もでたらめで、「お金忘れました。後日、払いに来ます!」とバックれてしまったら、どうしようもないですもんね。

まさか、美容院で身分証明書の提示を求められることはないでしょうから。

いくらでもデタラメなことを書けますよね。

いやいやいや、怖い怖い怖い・・・

無銭施術

無銭施術の経験ありますか?

と聞かれれば、「あります」という答えになります。

独立してからではなく、独立前の雇われの頃ですね。

こんな無銭施術でした。

ケース1

保険施術の場合、医療機関に保険証を提出しますよね。

とうの昔の(2〜3年前)に資格喪失している保険証を提出するわけです。

本来なら、保険者に返却するものなんですよね。

確信犯だったようです。

保険者から問い合わせがあり、発覚。

もちろん、その頃には当事者とは連絡が取れなくなっていました。

連絡を頂いた保険者の担当者の方もボヤいていました。

この方は、あちこちの医療機関で同様の無銭施術を繰り返していたようです。

保険証のことをクーポン券か何かと思っているのかしら。

ケース2

交通事故にあって、施術を受けたいと言ってきた方です。

まずは保険会社の担当者の方とお話ししてから、と思い、当事者の方に伺うとなぜかはぐらかされます。

とりあえず施術をして欲しいの一点張り。

怪しすぎますよねw

自賠責の保険がダメなら、通常の健康保険でお願いします。

とまで言ってきます。

これは困りますよね。

どう対処していいかわからないないので、とりあえず院長に相談。

あとは院長に対応してもらうことに。

結果としては、まんまと騙されました。

数回?施術したあと、完全に音信不通になり、一切施術費用は払われることがなかったそうです。

ケース3

これは未遂です。

独立後の出来事です。

飛び込みで入ってきて、

「すみません。初めてなんですが、保険証もお金もありません。すぐ診てもらえますか? 待ちますか?」

と衝撃的な一言。

私は絶句。

今思えば、なんて正直な人だったんだろうと思うわけですが、当時は軽くパニック。

なんて正直な人だ!

と思う余裕もありません。

「い、い、いや、あ、あ、あの、財布を取りに帰ってから、また予約してから来てもらえますか?」

というのが精一杯。

そう私が言うと、衝撃的な答えが返って来ました。

「すみません。家がこの辺りじゃないので無理です。痛くて困っているんですが、今すぐなんとかなりませんかね?」

(°▽°)

なんとかも何も、予約の方を施術中の私にいったいどうしろと言うのだ。

ここは末端の医療者の端くれとして、ボランティアで無償で施術するべきか。

うーん、どうしよう。

また絶句してしまった。

絶句していると、空気を読んでくれたのか、

「あ、無理ならもういいです。他に行きます。」

とさっと踵を返すように出て行かれました。

当時は動揺して気の利いた答えができませんでした。

今思えばなんて正直すぎる人なんでしょうね(笑)

さいごに

ダラダラと書いてしまいましたが、特にオチがないのですが、そろそろ終わりにしたいと思います。

なんと言いますか、特に独立してから痛感することなのですが、世の中は嘘つきであふれていると言うこと。

こんなにも嘘つきが多いのかと、驚きました。

騙されてしまう私にも問題があると思うので、吊るし上げたり、責めるつもりもありません。

いい勉強をさせてもらったと思っています。

医療者たるもの、性善説でいった方がいいのでしょうが、性善説ばかりではなかなか立ち行かないようです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-コラム

Copyright© 東京都豊島区江古田/東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.