BLOG ぎっくり腰 施術のあれこれ 産前・産後 骨盤矯正 腰痛

妊娠中の、ぎっくり腰やひどい腰痛。応急処置や何かできることは?

更新日:

妊娠中は、腰が痛くなる方が増えます。

特に、2人目の出産を控えている方が、腰が痛くなったり、ギックリ腰になると地獄です・・・

子供の面倒をみないといけないのに、腰が痛くて前にかがめないとか、地獄ですよね・・・

妊娠中の腰痛になる原因は、ざっくりと2つ挙げられます。

原因によって、対処法が異なります。

妊娠中、腰が痛くなる原因と対処法を解説します。

妊娠中に、ぎっくり腰やひどい腰痛になる原因と対処法 2つ

その1 単なる腰痛(妊娠中じゃなくてもなる腰痛)

お腹が大きくなり、反り腰になり、単純に腰の負担が増えて、痛みが出るというものです。

反り腰

妊娠中は、骨盤が前傾がきつくなります。

普通の腰痛が、ひどくなったものだとお考えいただければと思います。

対処法

筋肉や関節が炎症を起こしていることが多いです。

冷やすことで、痛みが和らぐことが多いです。

その2 赤ちゃんが下がってくることが原因

また、妊娠後期になると赤ちゃんがどんどん下がってきて、圧迫されて、腰が痛くなるというものです。

いわゆる妊娠中特有の腰痛です。

いわゆる腰痛とは全然違う痛みです。

どちらかというと生理痛の重い腰の痛みに似ている感じだそうです。

普通の腰痛に比べると、身体の奥の方からズキズキ痛いという感じだそうです。

対処法

いわゆる妊娠中特有の腰痛の場合、温めた方が、楽になることが多いです。

どっちのタイプかわからない場合

育児中でなかなか外出できない方、腰が痛くて歩けないよ・・・

という方もいらっしゃると思います。

もし、家族の協力が得られるのでしたら、病院で診てもらうべきです。

妊婦さんなので投薬や治療には制限があります。

普通の腰痛(ぎっくり腰)か、妊婦特有の腰痛なのか?

冷やしていいのか?、暖めたほうがいいのか?

などは、教えてもらえると思います。

または、接骨院、整骨院で見てもらってもいいと思います。

接骨院、整骨院によっては、妊娠中の方は、受け入れていない場合もあります。

妊婦でも施術受けられるかどうかは、要確認ですね。

ストレッチは効果的ある?

特に、先ほどの普通の腰痛のタイプなのか? 妊婦特有の腰痛なのか?

がわからないうちは、やめておきましょう。

普通の腰痛のタイプでしたら、やってみるのもありです。

骨盤が前傾がきつくなり、反り腰が原因での腰痛でしたらストレッチは効果的です。

大腿四頭筋という太ももの前側の筋肉を使います。

大腿四頭筋とは?

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)は、下半身の筋肉で、大腿骨に繋がる筋肉です。

大腿骨につながる大腿筋のうち、大腿骨を挟み四方に存在する筋肉の総称です。

全身の筋肉の中で、最も強力で大きい筋肉です。

作用は膝関節の伸展です。(膝を伸ばす動き)

簡単に書くと、太ももの前側の筋肉です。

余談ですが、太ももの後ろ側の筋肉をハムストリングとも言います。

大腿四頭筋には大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋が含まれます。

大腿直筋という筋肉が、人体最強の筋肉と言われています。

なぜ大腿四頭筋が原因で骨盤が前傾するのか?

余談ですが、腰痛の方は、反り腰になっている方がほとんどです。

専門的に書くと、反り腰は骨盤が前傾しすぎている状態です。

太ももの前側の筋肉の大腿四頭筋は、骨盤からスタートしています。

その大腿四頭筋の緊張が強くなれば、図のように、腰が反って骨盤が前傾しているのがお分かりでしょうか?

骨盤が前傾すれば、腰椎(腰の骨)の前傾もキツくなります。

腰回りの筋肉からすれば、腰椎がこれ以上前傾しないように、食い止めなくてはなりません。

この引っ張り合いの状態が、腰回りの筋肉が疲労し、筋肉が張ったり、筋肉が硬くなったり、痛みがでる原因でもあります。

この大腿四頭筋をなんとかすることで、骨盤前傾、反り腰を改善することができます。

対策としては、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)を緩めたり、ほぐしたり、ストレッチしたり、まあ、なんでもいいのですが(笑)

要は、この大腿四頭筋の緊張をとってあげればいいわけです。

大腿四頭筋をストレッチして、腰痛を和らげる

大腿四頭筋の緊張が取れて、緩むと骨盤が引っ張られなくなります。

骨盤が前傾しなくなりますので、腰椎の前弯(反りすぎ)も解消します。

腰椎の前弯(反りすぎ)が解消されれば、腰回りの筋肉が過度な緊張がとれ、腰が楽になるというわけですね。

大腿四頭筋のストレッチ

動画にもありますが、膝に痛みが出たら、やめてください。

大腿直筋のストレッチ

このフォームでストレッチをすると、大腿直筋にも効きますが、大腰筋にも効果があります。

オススメです。

大腰筋についても、説明します。

大腰筋とは?

大腰筋は、身体のど真ん中に走っている筋肉です。

腰の筋肉というと、背中にある筋肉をイメージするかもしれませんね。

一応、腹部から手を入れると、腹部大動脈のあたりで触診が可能な筋肉ではあります。

内臓をかき分けて、なかなか指を入れないと触診できない筋肉ではあります。

腎臓の近くと言ってもいいかもしれません。

実は、この大腰筋という筋肉ですが、かなり強力な筋肉なのです。

大腰筋は、浅部(浅頭)は第12胸椎と第1~4腰椎の側面およびそれらの間に介在する椎間円板から始まります。

深部(深頭)は第1~5腰椎の肋骨突起から起始します。

それぞれ、腸骨筋と合流して腸腰筋となり腸骨筋膜に包まれ、腸恥隆起を越えて走り筋裂孔を通って小転子で終わります。

また、しつこいですが、大腰筋はかなり強力な筋肉です。

大腰筋は、股関節屈筋群のなかでは最強の筋肉です。

股関節屈曲というのは、太ももをあげたり、前屈のような動作ですね。

また、歩行や姿勢維持などにも関わる、重要な筋肉です。

身体のど真ん中を走り、身体を支えているといっても過言ではない大腰筋。

この大腰筋になんらかの問題が起きていて、姿勢や腰痛といった問題が起きてくるのです。

特に反り腰の方は、間違いなく大腰筋が緊張して固まっています。

先ほどご紹介した大腿直筋のストレッチで、大腰筋にも刺激が入れて、緩めることは、オススメです!

ストレッチ、冷やす、温める以外の対処法はありますか?

あります。

対処法は、足の指を折り曲げるのです。

反り腰

先ほどの画像を見てください。

反り腰になっている方の多くは、浮き指といって、足の指が反り返った状態になっています。

この指を、折り曲げるのです。

いきなり立った状態で行うと危険ですから、イスに座った状態で行ってください。

おそらく、軽く丸めただけでも、相当痛いと思います。

長年固まっていたものが、急に良くなることはありません。

ゆっくり取り組んでみてください。

出産されたら、立ってやることに、是非チャレンジしてみてくださいね(笑)

動くときも

動くときも、足の指を曲げるのは使えます。

立ち上がるとき、前かがみになる時など、足の指をぎゅっと地面を掴んでから、立ち上がったり、前かがみになってみてください。

腹圧が上がって、ずいぶん楽に動けると思います。

コルセットや骨盤ベルトを使うのは?

妊婦特有の腰痛ではなく、普通の腰痛だったら腰痛ベルトとしては、役に立つと思います!

妊娠後期の痛みだったとしても、骨盤が落ち着いてラクになる方が多いようですよ。

どちらにせよ、お大事にしてくださいね。

おまけ ギックリ腰の施術の臨床動画

腰や骨盤に触れなくても、ギックリ腰や腰痛を改善することができます。

座った状態のみで施術もできますので、妊娠中の方でも安心して受けていただけます。

365日配信無料メルマガ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

川崎浩司

「ながさき整骨院」代表 合同会社FRAGMENT 代表 川崎浩司 厚生労働大臣免許 柔道整復師 WCCA認定 上級ウェブ解析士 医学的根拠に基づいた施術のこと、体作り、ダイエット情報を発信していきますのでよろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちらこちら 

-BLOG, ぎっくり腰, 施術のあれこれ, 産前・産後 骨盤矯正, 腰痛

Copyright© 東京都豊島区東長崎「ながさき整骨院」 , 2018 All Rights Reserved.